4月8日
26:15
過酷な闘いを続けているフランスでは、この事態で失業した人に対して
農業従事者として働くことを呼びかけたら、全国から20万人の応募があったそうな。
農業、畜産業だけじゃなく、その周辺の食品業界で
今後不足すると思われる労働力の確保にもなって一石二鳥なんだとか。
例年のように季節労働者を集めるのが今年は難しそうだから、先手を打ったんだね。
情けないくらい食料自給率の低い日本は、この先大丈夫なのか?
スーパーマーケットで買い占めてる場合じゃなくて、もっとその川上のほうを心配しないと。
国民全員に失業給付する気がないんだったら、せめてそういう対策でも考えてくれないかな。
もともと政治がダメにした休耕田が日本中にたくさんあるんだから、それを耕そうよ。
自分たちで食べるものくらい、自分たちで作れる国にしようよ。
4月7日
24:55
スーパームーン見ましたか?
こんなときは、夜空を見上げてみよう。
緊急事態宣言など出ようとも、月は変わらずきれいですよ。
欠席届が次々に届いている手芸部もどうしたものかと思うけれど、
べつに自粛要請される業種ではないし、「三密」でもない環境だし、
とりあえず成り行きにまかせることにします。
ご自身の体調はもちろん、ご家族のことや途中の電車などが心配な人は
事態が好転するまで、しばらくお休みしてください。
でも、混んだ電車に乗らずに来られる人、
おうちにこもっているよりメンタルヘルスを維持するために来たい人、
おうちにこもってひとりで何か作ってたら壁にぶち当たった人、
とにかくマスクを作りたい人などは、どうぞ。
ただし道中くれぐれもお気をつけて。こちらも換気消毒してお待ちしています。
4月6日
24:30
緊急事態宣言って、予告してから出すもんなん?
一斉休校とかマスク2枚配布は唐突だったのに。
後手後手のくせに中途半端なところがまったくもって腹立たしいのだけれど
この”緊急事態宣言予告”を受けて、4月9日にコトラボ阿佐ヶ谷で開催する予定だった
「手作りマスク講座」は中止になりました。
あっという間に満席になって、キャンセル待ちのかたも大勢いらっしゃると聞いて
追加の日程も検討していたというのに、残念。。。
参加申し込みしてくださったみなさま、ごめんなさいね。
まぁ、マスク作りに集まって感染したんじゃ本末転倒だからしかたないとはいえ、
結局「手作りマスク講座」は、どこでも果たせぬまま。
今日は朝から、嫌な予感がどんどん膨らんでいくのを脇に追い払いながら
晒を畳んで効率的な手順を考えたり、途中経過を仕込んだり、
プリーツを簡単に畳むための定規を作ったり、準備に勤しんでいたのにな。
あーあ。いい感じにブラッシュアップできたのになぁ、晒のマスク。
あの給食当番みたいなちんちくりんのよりよっぽど頼り甲斐のあるマスクができたのに。
でも、この事態が終息して世の中が平和になってからも、
きっとマスク需要はなくならないだろうから、いつかどこかで実現させたいものです。
それまでは、手芸部のみなさま、作ってちょうだいな。
4月5日
25:45
なんだかものすごく寒いから熱でも出たのかと思って
体温計引っ張り出して測ったら35.8度だった。
その前に温度計を見ればよかったのだけど、今日は本当に寒かったのね。
じゃあまだ冬物しまいきれないな。
4月4日
24:50
よく晴れた、でも風の強い一日。
舞い込んでくる桜吹雪と戦いながら布団を干す。
満開の桜をしげしげと眺めて、そういえば春なんだよな、と思う。
いろんな冬物を洗ってしまわなくては。
洗濯機を回して衣替えをしながら、せっせと宿題の冬糸を編む。
これが使える頃には、平和な季節がやってきますように。
4月3日
25:50
アメリカでは感染防止のためにエコバッグが禁止されているそうな。
レジで渡してお店の人に詰めてもらうことが多いからなのね。なるほど。
日本では基本的に自分で詰めるもんね。レジ袋は有料化だし。
まぁ、たまにはエコバッグも洗濯しようかね。
4月2日
26:30
ほんとうに一日中引きこもって宿題に集中していた。
外でどんなに感染者が増加しようと、ここに籠城している限りは大丈夫。
と思っていたらチャイムが鳴って荷物が届く。
籠城時のリスクは宅配便のお兄さんたちくらいか。
彼らも近頃は、なるべく離れたところから荷物を渡してそそくさと立ち去る。
こちらも受け取って開封したらすぐに手を洗ってうがいする。
彼らが通常営業を続けてくれているうちは、私も滞りなく宿題を提出できる。感謝。
4月1日
24:50
春休み、終了。ぐったり疲れていたのでサボりましたが、
ほんとは昨日、春まだ浅い北海道から東京に戻ってきておりました。
1か月前くらいには、東京から心配しながら見守っていた北海道は
いまではだいぶ落ち着いていて、すっかり立場が逆転してしまいました。
やっぱり圧倒的に広くて人口密度が低いのと、それぞれ自分の車で移動している社会なので
あそこでなら気をつけて暮らしていれば防げるような気がするけれど、
羽田に降りた途端、東京ではまったく別のリスクが潜んでいるなと感じます。
私は、幸いにも在宅でできる宿題を各方面からたくさん頂戴しているので
しばらくは、引きこもって勤しみます。
手芸部は変わらず細々とやりますので、元気な人は遠慮なく来てくださいね。
それにしても、国民全員に布マスク2枚配布って・・・エイプリルフールの冗談?
そんなものいらないから、布マスクなんか自分でいくらでも作れるから、
くだらない無駄遣いしてないで、医療機関に必要な物資を届けてほしいもんです。


3月
2月
1月