5月7日
26:55
郵便局に用があって出かけたんだけど、あまりに運動不足なので
そのままちょっと隣駅まで歩き、坂をのぼってぐるっとまわって帰ってきた。
1時間くらいかな。けっこうな距離だと思ったけど、6500歩程度だった。
履き慣れた靴だったのに、踵のところに豆ができてしまった。
運動不足で足がヤワになってるんだろうな。
無目的に散歩に出るのは苦手なんだけど、意識的に歩かないとまずいな。
5月6日
26:45
昨日の強風で、ベランダのレモンの葉っぱが吹き飛ばされてしまった。
咲き終わりの花びらも吹き飛ばされたけれど、
小さい緑の紡錘形をいくつか残していったのに
それらを結実させるには、葉っぱの枚数がぜんぜん足りない。
1個ならすのに25枚だっけ。もう無理だ。。。
5月5日
25:45
GW終盤の水曜手芸倶楽部は、杏組だけひっそりと。
Y.M部員が、編みかけのプルオーバーの模様編みを間違えて
にっちもさっちもいかなくなったと持ってきたので
問題のところをやり直して、正しい軌道に戻す。
だいぶ模様が現れてきたし、この先はリズムよくすいすい編めるといいな。
部長も一緒に、この先長丁場になるかぎ針編みのモチーフをちまちまと編み続けた。
5月4日
26:40
切れ味の落ちたロータリーカッターは、
ところどころ繋がってるところができてしまってイライラする。
新しい刃に替えようと思って、替刃のストックが入っているはずの場所を探したら、
うちには3種類の直径のロータリーカッターがあるんだけど
そのどれにも合わない径のばかりが出てきた。なんで? 本体はどこいった?
5月3日
24:30
大きな宿題にぼちぼち取り掛かっているのだけれど、
ちょっと失敗してやり直したり、決めかねて迷ったりしているうちに
あっという間に日が暮れてしまうので、
ひとつの作品を完成させようとせず、八割方できたら次に行く
という新たな作戦をとることにした。
とりあえず目鼻がつけば、仕上げは最後でよしとする。
これって何かに似ていると思ったら、がまぐちの口金をはめるときの方式だ。
5月2日
25:40
ミシンを踏んでいたら、突然針が折れて顔に向かって飛んできた。
痛っ、と思ったけど、幸いにも右瞼に当たっただけで済んだ。
でも、ちょっとずれてたら眼球直撃だったかもしれないと思うと怖い。
厚地を縫ってはいたけれど、段差でもなんでもないところで突然折れたから
きっと針先がだいぶ摩耗していたんだろうな。
針は折れる前にマメに換えようね、っていつも言ってるくせに自分がやってしまった。
そういうこともあるので、ほんと、針先触ってチェックして、針はマメに換えよう。
それと、メガネをかけて姿勢をよくしてミシン踏むといいね。
背中丸めて覗き込んでると危ないから。あと、まち針踏まないことね。
5月1日
23:45
朝の地震に始まって、
夜は稲光と雷鳴を伴う豪雨。
竜巻注意報も出てたよね。
5月、波乱の幕開けだな。
東京はいちばんいい季節なんだけどな。


4月
3月
2月
1月


l>